風の噂の電波塔

もはやその存在すらも、風の噂にすぎない…

なんで今まで気付かなかったんだろう

大学だけじゃなかったんだ。


色々あって、全部要らなかったんだね、ってことに気付いた。
正確に言うと、「それが学校でなければいけない理由が無かった」。

高校入試の結果を貰って中学に報告に戻ったときに、不良グループのトップの奴が教室に入ってくるや否や「おい作業着買いにいくぞ!」って言ってんのを見て、なんとも言えない気分になったの思い出した。
ちょっと羨ましかったんだろうな。
その後そいつがどうなったかは知らんし興味も無かったけど、俺にはそいつと同じ世界に飛び込む勇気が無かった。
高校に行けばより高価な切符が貰えるし、あの学校(母校になったが)なら確実に「仲良い奴がいる」しな。
それに負けたわけだ。


あんまり言ってもアレだから終わりにするけどもね。今更ながら気付いたので折角だし。
今日は決定戦出ないとな。



つまるところ、幼稚園年中から18年間?教育を受けてきて、「遊ぶの楽しい」以外に何も得るものが無かったわけですよ。
小中はつらい時期もあったし。
高校にしても楽しかったのはあの部活に居たからで、普段の学校生活が遊んでたようなモンだし、似たようなことになれば出会うのは学校じゃなくてもよかったんです。
考えてみれば、俺あの高校ねじ曲げてやろうと思ってたし。
今回の一件であの高校が決して好きではなくなったのは事実。

大学に関しては本当に、高卒で働く勇気が無かっただけだと思ってるし、もとより大卒の切符貰うために進学するってのは頭の中にあった。
今はそれすら危うくなってるが。

何が言いたいのか。
俺は最初から勉強する気なんてなかったってことさ。
それこそ働かずに生きていられるなら働かないだろうよ。
仕事をするのが好きな人間は、やっぱり存在しないと思うしね。

※後から考えたんだけど、起業する人って自分の理想の仕組みが既にあったら起業する理由が無いから働きたい訳じゃなくね? 方向はちょっと違うけど「働かなくていいんなら」って言えるぞ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する