風の噂の電波塔

もはやその存在すらも、風の噂にすぎない…

升 ダクイレデッキ晒し(今更版)

色々考えることがあったので、そういやしばらく晒してないと思ったし。


メインデッキ(アモン軸)の方になります。
以下からどうぞ。



【ダクイレ@ちょっと特殊型】

・G3
魔界侯爵 アモン 4
仄暗き奈落の魔王 3

・G2
媚態のサキュバス 4
熱望の悪魔 アモン 4
エンブレム・マスター 2

・G1
誘惑のサキュバス 4
漆黒の詩人 アモン 4
デビルチャイルド 3
悪夢の国のマーチラビット 2

・G0
ロック・ザ・ウォール 3
グリーディー・ハンド 1(FV)
冥界のパペットマスター 4(醒)
悪夢の国のダーククイーン 4(醒)
ヒステリック・シャーリー 4(引)
カースド・ドクター 4(治)


スタンド偏重の理由はクリティカルと比較した際の幅の広さとダメ落ちした時の心理的ダメージ軽減。
Vの攻撃は通るか完全防御かのほぼ2択なので、スタンドならどちらでも得をする。
アド差広げていっちゃうこともできる。

バニラ不在は枠不足というより有用に扱えないため。
特にプリズナー・ビーストはほぼ詩人の劣化であり、ただのライド要員になりかねない上、ライド要員ならサキュバスで事足りる。
ヴェアヴォルフ・ズィーガーは「前衛10k」の魅力の薄さ故不採用。
そもそも大半の対戦相手はVばっかでほとんどR殴ってこないのでよりパワーの出る熱望アモンで十分。殴られたら殴られたでダメージ受けずに済むのでよし。

エンブレム・マスターは最近採用。以前はグウィン・ザ・リッパーだった枠。
リッパーだと後に侯爵アモンの能力を使いたい時にCBが足りなくなりやすいこと、狙って除去しても結果としてそこまで戦況の劇的な変化が無かったこと、FVをグリーディーにしたことでソウルの枚数が不十分である場合が多かったことからリストラ。

デビルチャイルドの枚数は多め、というか個人的には3枚がベスト。
チャイルド引くまではFVをV裏で使い、引いたらFVの能力でデッキのチャイルド1枚をソウルインするのがパターン。
侯爵アモンのパワー計算が容易になることと、詩人をR裏に回せるのがメリット。

奈落は悪い意味で「最悪Vに置いても仕事できるかも知れないR要員」。
V時能力持ちではあるが、比較対象は凶眼のバジリスクになる。
バジリスクは詩人と合わせて21kでVを殴れるが、奈落はRを叩く場合も安定して20kを出せる。
少しでも相手Rを気にするのであれば奈落を推奨。
相手VによってはVに置きたくなるが、相手もブーストがある以上侯爵の場合と比較してガード要求値が変わる場面は極めて稀であり、また相手Rへの防御力という点で見ても、「20kちょうど」で攻撃された場合しか差が無く、最近はRで「20kちょうど」を構築するケースもまた稀。

「不定期にソウルを貯めながらガード要求値を上げつつ戦う」コンセプトに合致しないため、ドリーン・ザ・スラスターは不採用。
ロック・ザ・ウォールは防御しながら攻撃力を増やせる。一時期手札消費の多さから完盾を不採用にしていた時からの付き合い。使ってみると意外に便利なのでお試しあれ。


突っ込まれそうなのはだいたいこの辺か。
スタンド偏重は割と叩かれそうだけど相手の完盾スカせた時が最高に気持ちいいので変えません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する